講師紹介

特長-2

2000年に発売されたWindowsMeというOSのパソコンにホームページビルダーをインストールして、私のWebデザイナー人生はスタートしました。

生まれて初めてつくったWebサイトは個人的なものでしたが、寝食を忘れるほど無心で何日も制作に没頭しました。あれほどワクワクした日々は人生でそう何度もありません。

あの時の「Webに対する想い」こそが私の原点です。

新しい目標に出会えた喜びやときめきを全身で感じ、これを仕事にしたい!と心から思いました。あとから振り返ると、デザインはイケてないし、ソースコードは超適当で、ひどいレベルでしたが。

大切なのは、やりたいことを見つけて夢を思い描き、情熱を持ってチャレンジすることです。

その後、知り合いが経営する会社や店舗のWebサイトを作らせてもらうことで経験を積み、Webデザイン会社を立ち上げるに至ります。

「高い授業料を払って名前の通ったWeb系の学校を卒業したのに就職できない。」あるいは「何とか就職はできたけど全然仕事ができない。」とおっしゃる方は多いと思います。もしかしたらあなたがそうかもしれません。
WebデザイナーやWebディレクターとして働きたいと思う人はたくさんいますが、就職して活躍できている人はわずかです。

その一方で、人気のあるWebデザイン会社は人材不足に苦しんでいます。
当スクールを運営している株式会社アンを設立して以来、私もずっと採用面接を担当してきました。私たちも人材不足を解決しようとすがる思いで面接を続けていますが、ほとんど採用しません。正確に言うと採用できません。

なぜ採用できないのか?
プロとして仕事をする準備ができていない人が大半だからです。そのような人を採用しても短期間で辞めてもらうことになるので採用はできません。

プロに必要なのはスキル(技術)とマインド(考え方)です。1年学校に行ったのなら1年なりの、3年実務経験があるなら3年なりのスキルとマインドがあってほしいのですが、そのような人と出会うことは稀です。反対に、学校を出たくらいで自分ができると勘違いしている人とはたくさん出会います。

ウェブ業界は甘い世界ではありませんので、心構えから身につけて欲しいと思います。

でも安心してください。
Webデザインに何が必要かをちゃんと論理的に理解し、自分に何が足りないかを認めて謙虚な気持ちで努力する人は必ずスキルアップします。

プロになりたいのならプロの考え方をマネてください。(活躍している)プロは自分に何ができて何が不足しているのかを知っています。強みはさらに伸ばし、不足していることは努力して身につけようという姿勢を持っています。だから成長できるのです。

これから目指す人も全く同じです。
プロに必要なスキルとマインドを徹底的に理解し、自分に足りない点を認め、教えてもらいながら努力を続ければよいのです。

がんばるあなたを私がサポートします。

代表写真

講師 三崎 望 Nozomu Misaki

[プロフィール]
東京生まれ。0歳で鹿児島へ引越して小学校卒業まで鹿児島で暮らしました。(なので鹿児島出身だと思っています。) その後、中学1年から東京、2年から静岡で生活し、19歳の時に大学入学のために大阪で一人暮らしを始めました。
[学歴・職歴]
大阪府立大学工学部航空工学科を卒業後、自動車メーカーのダイハツ工業に入社しました。一番人気のあったエンジン開発部に配属され、主力の軽自動車のエンジン開発業務を担当しました。この時に、技術屋として論理的思考の基礎を学びましたが、それは今でも役に立っていると思います。
[趣味・その他]
脳のリフレッシュと創造力を掻き立てるためによく映画を観ます。自分の発想が貧困になっていたり、つまらないことで悩んだりしてると感じた時はすぐに家で観るようにしています。今はAmazonプライムビデオがメインです。2016年に観た映画で一番好きなのは「宇宙人ポール」です。遊び心いっぱいのSFコメディで、緩い感じが心地いい名画だと思います。
尊敬する人物は織田信長、坂本龍馬、そして稲盛和夫さん。時代は異なりますが、強い意志、思考力、行動力に敬意を感じます。
昼間に飲むビールは最高に幸せです。なかなかできませんが、たまにチャンスを見つけて一人でも店に入ってビールを楽しみます。よろしければご一緒に一杯やりましょう。
IGアカウント mickey2010_ でクラフトビールネタを上げてます。
https://www.instagram.com/mickey2010_/
リンク 宇宙人ポール(2010年・アメリカ)
リンク 株式会社アン

ロゴ

06-6538-5870

10:00~18:00

お問い合わせ

ちょこっとアドバイス

Web制作の品質には「製品品質」と「業務品質」があります。「キレイ」や「使いやすい」は製品品質で、これはわかりやすいです。
しかし、クライアントの満足度を上げるためには業務品質も重要です。業務品質とは何でしょう?興味のある方は個別相談の時に質問してみてください。

プロは時間とも闘う

Web制作は時間との闘いでもあります。
所要時間に大きく影響するのはソフトやキーボードの操作スピードではありません。効果的な制作プロセスに沿っているか?判断を間違って大きなロスを出し続けていないか?など制作のノウハウを知っているかどうかで大きく結果が変わります。

どんな学習がベストか

実在する企業サイトのリニューアルを制作課題にし、Web戦略とコンテンツを練り直します。架空のレストランや南国のホテルなどの曖昧な設定では実践的な学習はできません。

[課題例]
1) すでに就業中の人なら、自分が担当する(担当した)クライアントのサイトを課題にする。
2) 実務経験がなければ、企業サイトのリニューアル課題を見つけてポートフォリオとする。
3) スマートフォン対応のデザインに取り組む。

スマートフォンでもご覧いただけます

QRコード

ページ上部へ戻る